Tuesday, October 03, 2006

住宅の価格に関して

事業を成功させる人や資産を築きあげる人はリスクをできるだけ排除したり、小さくしてから勝負に出る。
企業にとっても、営業マン個人にとっても悩み、迷いの尽きない分野なのでしょうね。
施工床面積なるものとはなんでしょう?簡単にいえば、(あ)の建築基準法上の建物の面積に玄関ポーチやベランダ、あとは、吹き抜け部分の面積も足したものです。。
地盤が軟弱だと、建物が傾いたりしないように頑丈な基礎にしないといけません。。
 
「住宅の価格に関してお客様との初回面談ではどのように説明するのがベストでしょうか? 」。
その会社の経営状態、資金繰りは当然チェック。過去に建てた建物を教えてもらって見学させてもらいましょう。
会社の買収のように過半数をおさえたらOKという世界ではなく、全員の同意が必要な世界なので、こういうことも起こります。。
司法書士も、買主が自分の信用できる人を指名すべきです。
 
進展しない最大の理由は、業者に資金余力がなく、事実上倒産状態にあることなのですが、
住宅購入後のライフプランについて、ファイナンシャル・プランナーを連れてきて、アドバイスしてくれる。
「そういう話だった?」というフレーズが出てくるようでしたら、一旦立ち止まりましょうこれは3-3fです。
こちらも心底から業者の仕事を褒めることができた際の依頼者の表情が最高なんですよ。

Friday, September 22, 2006

僕は、建築のプロじゃないですから 3

こんなもん扱いされた建築士は、
「あのぉ、そう大袈裟に反応されても困るんですよ。
建築ってのは、専門用語ばかりだから、通訳として同行して欲しい。
ってなことで僕が来ているだけなんですから。」

などなど、なんとかナダメテ、交渉へ。
穏やかに穏やかに
「こことここは、こうした方が良いでしょう?
ね、そう思いません?」

とやって、プランを完成させると、
むっつりと黙り込んでいた担当者くんがボソっと一言。

「僕は、建築は専門ではないから。」

思わず、依頼者と一緒に仰け反ってしまうところでした。


僕は、建築のプロじゃないですから 2

「こんなトコと契約しない方が良いんじゃないですか?」
とお聞きすると、

「いやぁ、この学区内でずっと探していたんですよ。
他に売り物なんて出てないですし。なんとしてもこの土地が欲しいんです。」

とのこと。

「それでは仕方ありませんね。
なんとかこの業者くんにまともな仕事をさせないと。。。」

業者を含めて打ち合わせましょう!
ということで、依頼者と一緒に業者を訪問して名刺交換すると
業者くんいきなり逆上し、依頼者に向かって

「あなたは、なんでこんなものを連れてくるんですか?!?!!!」
「ウチが信用できずに、こんな人を信用するんですか?」
etc.

言いたいこと言ってくれます。

僕は、建築のプロじゃないですから 1

図面のチェックをして欲しいとのことで、
非常に不安げなお顔でおみえになった依頼者。

建築条件付の土地を購入し、
3ヶ月以内に、建物の請負契約をしないといけないのだが、
売主サイドから、出てくる図面が素人目に見ても、
大丈夫とは思えないので。。。。。

ということでしたので、早速、図面を拝見してみると
「こりゃぁ〜〜〜〜ダメだわ。」

依頼者が不安になるのも無理はない。
長方形を適当に4つに区切っただけとしか思えない平面図に、
平面図と全く一致しない立面図その他。。

手書きの見積書も「一式」「一式」「一式」ばかりで、
A4用紙1枚で完結。


Sunday, September 10, 2006

頭の中

こどもの頭の中ってどうなってるんだ??
さっきまで機嫌よくしてたのに、
ちょっとしたことで泣き喚いてる。
泣き喚いて暴れてたかと思うと
急に甘えてくる。そしてまた笑ってる。
洗面所で、手を洗うのがすきかと思えば
水遊びは怖い。
かみなりが平気なのに
アニメの可愛らしいお化けは怖い。
家では我が物顔なのに
知らない人がいると固まる。
 
ホント面白。ホント知らないことだらけ。

葬儀をしろう

葬儀さんてどんな事をするんだろう。
手順は?
営業もある??などなど


知らないことばかり
知りたい気持ちで
いろいろかいてみます。